JEPA一般社団法人日本運動処方協会

「患者さんの厚い信頼」と「医者以上の月収」が同時に得られる!
運動処方士の養成行っています。

0368691474

JEPA一般社団法人日本運動処方協会

0368691474

生徒(患者)さんの厚い信頼を得て、実践的運動処方を仕事にできる!運動処方士育成スクール

生徒(患者)さんの厚い信頼を得て、実践的運動処方を仕事にできる!運動処方士育成スクール

HOME

JEPA一般社団法人日本運動処方協会

“何年も積み上げてきたトレーニングの年月には尊さがあります。

でも、トレーニングの種類やノウハウよりももっと重要な事があるのです。 それは、「トレーニングをず~っと何年も続けている人の分析」

ずっと、その人が続いている事実を支えているモノ(ニーズ)こそ尊いという意味です。

忙しいとき、体調がすぐれない時、やる気の出ない時、旅行や冠婚葬祭でトレーニングを続けにくいときもありますが、些細な運動でも継続することで成果を出している事例が多数あります。

何のために運動を続けるのか?どんな感情が働くから?恐怖感?安心?成長?何が得られるから?

我々指導者はこのあたりのニーズを分析していき、専門的な立場からサポートすることが大事です。

人口は減る一方で高齢者は増えています。もはや、高齢者が高齢者の車いすを押している時代。少ない若者層の力と元気な高齢者が必要な時代とも言えます。

たかが、ヒザ痛、O脚・・・やがて、寝たきりという恐ろしい時代が来てしまいます。 ヒトが進化の過程で、本来動くことに都合よくできた機能を備えるようになったことに 着目し、安全で、時間をかけず、効果の高い運動処方の提供ができる指導者の育成を図ることが当協会の根本の考えです。

足腰の痛みやこわばりなどが発生するたびに、他力本願で治してもらうというよりも、 なぜ同じ症状が再発するのか?現状の症状や失敗から学ぶ!  正しく原因を知って、取り組んでいく。本物の教育の時代です。

自分で治せる!!これが指導のゴールであり、大前提なので、ノウハウも重要ですが、身体づくり指導を通じて、最終的には「ヒトづくり」です。

個人の力を引き出すため、この先10年で500名の認定指導者育成を目標に一生元気に自分の足で歩く、その人が生涯、元気でやりたいことや目標を全うするために、希望を持って生きていくために必要なコミュニティを目指します。

お問い合わせはこちら